Life style of tomato&nasubi

ナスビみたいな旦那とトマトみたいな嫁のブログです。

Life style of tomato&nasubi

ハピタスポイントからANAマイルに至るまでの流れ

f:id:y-a_s-a:20190119210528j:plain
ハピタスでせっかくポイントを貯めることができても、スムーズにポイントを変換することができなかったら台無しです。ポイント交換初心者の方からしたらけっこう難しいと思います。

 

ハピタスポイントからANAマイルに至るまでには、3段階のポイント交換があります。今回紹介する方法は無駄な経費が一切かからない方法です。他にも高レートでANAマイルを交換する方法がありますが、クレジットカードの年会費などの経費がかかります。今回に関しては一切費用がかからない方法を紹介していきます。

 まずは大きな流れをおさらい

ANAマイルを貯めたいと思ったら、クレジットカード決済やフライトマイルだけではなく、ポイントサイト(ハピタス)を使うべき、というのはANAマイラーからしたら常識です。下記に詳しく書いてあります。このブログはANAマイルに特化していますが、JALマイルを貯めるのも根本的には変わりません。

 

今までクレジットカード決済でしか貯まらなかったANAマイルも爆発的に貯まっていき、家族旅行や新婚旅行にでもマイルで出かけられるようになるでしょう。

 

 

ポイントサイトで貯めたANAマイルで宮古島に旅行してきました。妊娠中の旅行記でもあるので、妊娠中の旅行を検討している人は読んでみてください。

 

 

ハピタスでポイントを貯めて交換する、一番最初の交換先は「ドットマネー」です。その後に「Tポイント」、最後に「ANAマイル」です。この段階を踏むことで間違いなくマイルが貯まります。

 

f:id:y-a_s-a:20181203154545p:plain

ハピタスポイントにはポイント交換の上限が月30,000ポイントと決められています。年間に換算すると360,000ポイントですね。ただ、TポイントからANAマイルに変換する時は0.5倍のレートになるので、ポイントサイトで貯めることのできるANAマイルは年間180,000ANAマイルになります。

 

ハピタスからドットマネーへ

ポイントをドットマネーに交換してみましょう。最初は難しいですが、やり方を覚えさえすれば簡単にできます。スマホだとま少し違うので、パソコン環境で交換することをオススメします。パソコンの方がやりやすい気がするので。

 

f:id:y-a_s-a:20190206223232p:plain

ハピタスにアクセスしてホーム画面の右上に「ポイント交換」というところがあるので、そこを選択します。

 

f:id:y-a_s-a:20190206223536p:plain

左の欄の「ドットマネーギフトコード」というところを選択して、中央の「交換申込み」を選択します。月に30,000ポイントの上限があります。

 

 

f:id:y-a_s-a:20190206224232p:plain

秘密の質問を正確に答えると、次に何ポイント交換するか選択する画面になります。今回はお試しで2,000ポイントをドットマネーに交換してみましょう。交換手数料が無料なのが地味に嬉しいですよね。最後にログイン時に使うパスワードを正確に入力してください。

 

f:id:y-a_s-a:20190206224356p:plain

ポイント交換が完了するには少し時間がかかります。交換は余裕を持って行うようにしましょう。ポイント交換の申請が受け付けられると、登録したメールアドレスに交換申請が受け付けられた旨の連絡があります。

 

f:id:y-a_s-a:20190207222048p:plain

ポイントの交換が完了したら、右上のメールマークを選択して「ポイント交換完了」というところを選択します。これでポイント交換が完了したわけではなく、これからご自身でポイントを変換する作業をしなければいけません。

 

f:id:y-a_s-a:20190207222304p:plain

※下記URLへアクセスし、ドットマネーギフトコードをご確認ください」と書かれた下のURLを選択肢します。

 

f:id:y-a_s-a:20190207222808p:plain

電子マネーID」と書かれた画面が出るので、ここに書かれているコードをコピーしてください。さらに別のウィンドウでドットマネーのサイトにアクセスしておきましょう。会員登録が必要なのであらかじめ登録しておくとスムーズです。もちろん無料です。

 

f:id:y-a_s-a:20190207230131p:plain

f:id:y-a_s-a:20190207223336p:plain

トップ画面で「マネーを貯める」を選択して、画面が切り替わったら少し下にスクロールします。右側に「ギフトコードを使う」というところがあるので選択肢します。

 

f:id:y-a_s-a:20190207223606p:plain

次の画面でさっきコピーしたコードをペーストします。ペーストしたら「確認画面へ」を選択肢します。

 

f:id:y-a_s-a:20190207223906p:plain

最後に「交換する」を選択して終了。これでポイント交換の全行程が終了です。なかなかめんどくさいですが、ANAマイルのためにがんばりましょう。今回はハピタスから提示されたコードのURLが2つだったので2回の繰り返しで済みますが、複数ある場合は、その数だけ繰り返してください。

 

f:id:y-a_s-a:20190207224914p:plain

先程の画面で500マネーだったのが、1,500マネーに変わっています。これを確認したらポイントは確実に交換されています。今回は1,000×2で2,000ポイントの交換をしました。

 

注意点としては、ドットマネーは半年間の有効期限があります。交換して半年間何もしないとポイントが失効してしまうので、早めに交換するようにしましょう。せっかく貯めたポイントが台無しになります。

 

ドットマネーからTポイントへ

ドットマネーには半年間の有効期限があるので、さっさとTポイントへ交換してしまいましょう。

 

f:id:y-a_s-a:20190207225024p:plain

f:id:y-a_s-a:20190207225113p:plain

マネーを使う」を選択して、画面が切り替わったら下にスクロールして「Tポイント」を選択します。ここからANAマイルに直接交換することもできますが、レートがめちゃくちゃ悪いのでここでは無視してください。

 

f:id:y-a_s-a:20190207225400p:plain

Tポイントに交換する場合は、最低1,000ポイントが必要です。これ以下のポイント数では交換できません。また、初回の交換時にTポイントの利用手続きが必要なので、TポイントカードやTポイント付きのクレジットカードなどを手元に用意しておいてください。スムーズに手続きすることができます。確認できたら「確認する」を選択してください。

 

f:id:y-a_s-a:20190207225717p:plain

ドットマネーからTポイントへ交換する方法はこれで終了です。こっちのほうがややこしくなくて簡単ですよね。4営業日以内で交換が完了するので少しの間待ちましょう。

 

f:id:y-a_s-a:20190210160047p:plain

Tポイントへの変換が完了すると、Tポイント履歴に交換されたことが表示されます。確認するようにしましょう。

 

Tポイントには有効期限が実質無い(1年に1回ファミマで買い物をすれば失効しません)ので、ここでポイントを渋滞させておいて旅行の計画ができたらANAマイルに交換するほうがおすすめです。

 

TポイントからANAマイルへ

やっとこさ、TポイントからANAマイルへの交換です。割と簡単なので誰でもスムーズにできると思います。

 

f:id:y-a_s-a:20190210160525p:plain

f:id:y-a_s-a:20190210160859p:plain

トップ画面の「貯める」をクリックして下にスクロールして、「Tポイント交換」を選択します。TポイントからANAマイルに変換するレートは2:1です。

 

f:id:y-a_s-a:20190210162112p:plain

次の画面で一番上に「ANA」が搭乗するので、「ANAマイルに交換する」を選択します。YahooのID登録が必要になってくるのであらかじめ登録しておくと、スムーズに進んでいきます。


 

f:id:y-a_s-a:20190210162542p:plain

交換するTポイント数を自分で入力して、割り当てられているANAマイレージクラブの「お客様番号」を入力します。

 

f:id:y-a_s-a:20190210165135p:plain

最後にTポイントの「T会員番号」を入力して、次の画面に進みます。赤文字でも書いてあるように、間違ってポイントを交換してもキャンセルはできないので注意して交換してください。

 

f:id:y-a_s-a:20190210171956p:plain

これで一連の流れは終了です。あとは、ANAマイレージクラブにログインしてマイルの交換が完了したかどうか確認してください。

 

f:id:y-a_s-a:20190210172325p:plain

無事に交換が完了したら、「マイル」というところに交換した分だけマイルが加算されます。ハピタスからANAに至るまでの一連の流れはこれで終了です。この方法を使ってANAマイルをざくざく貯めていきましょう。

 

ANAマイルには有効期限があるので、計画性を持った交換をオススメします。むやみやたらに交換して無駄遣いしないようにしましょう。

 

まとめ

ハピタスからANAマイルに交換するまでにはそれなりに日数がかかってきます。旅行ギリギリになってバタバタで交換すると、ミスしたり思うようにいかないこともあると思うので、余裕を持って交換するようにしましょう。

 

交換のポイントは

  • ハピタスからドットマネーは月3万ポイントまで
  • ドットマネーは半年でポイントが失効する
  • Tポイントで渋滞させておいてANAマイルに交換する
  • 年に1回でもいいからファミマを使ってTポイントをもらう
  • ANAマイルに交換するのは旅行の予定が立ってから

 

このあたりを守っていれば、ポイントやANAマイルを無駄にすることは無いと思います。ANAマイルを有効的に使うにはある程度、計画性が必要です。

 

関連記事