Life style of tomato&nasubi

ナスビみたいな旦那とトマトみたいな嫁のブログです。

Life style of tomato&nasubi

【赤ちゃん連れハワイ結婚式①】赤ちゃん連れの航空券手配

f:id:y-a_s-a:20200116005148j:plain

 

新型コロナウイルスの影響でで結婚式が10月に延期になりました。さらに目処が立たず、10月も延期になりました。


2020年の4月にハワイで結婚式を挙げることになりました。トマトはハワイで結婚式を挙げることが夢だったみたいなので、それが実現できる事になりとても嬉しいです。今回は、僕、トマトとみかんの他に、僕の両親とトマトの両親も同行します。写真は、3年前のハワイ旅行の写真です。

 

赤ちゃん連れの旅行なので、特に航空券の手配には少し気を使いました。今回はそのことを記事にしていきます。

 

セントレア〜成田 ボンバルディアDHC8-Q400

 

今回は、セントレア〜成田、成田〜ホノルルのフライトです。ANAセントレアからの直行便が無いので、わざわざ成田まで行きます。新しくハワイ路線に投入されたA380にも乗ってみたいので、このフライトを選びました。

 

セントレア〜成田のフライトはボンバルディアDHC8-Q400という機材で、プロペラ機です。機内自体はかなり狭いので長時間のフライトは厳しいですが、約1時間のフライトなのでそれほど気にしていません。大切なことは、搭乗する前に事前に座席を指定しておくことです。

 

f:id:y-a_s-a:20200115235752p:plain

僕が航空券を手配したのが6月なので、座席は選び放題でしたが、その中で、一番後方の座席を選択しました。息子が泣き出したときに、後ろの空間に逃げるためです。機材が小さいのでギャレーみたいな空間は無いと思いますが、周りの方に最大限の配慮をしました。18番には別手配の僕の両親が座ります。

 

成田〜ホノルル A380

成田まで来た理由の一つにA380に乗りたいこともあったので、座席指定も慎重に行いました。 ネットでいろいろ調べてみると、このANAA380(通称フライングホヌ)は、赤ちゃん連れや小さい子供連れに優しい飛行機のようです。東海地方在住の方は、セントレアから直行便のJALやデルタによく乗ると思いますが、成田から乗ってもセントレア〜成田の分はほぼ料金かからないので(別に記事にします)、成田から乗るのもありです。

 

知っている人も多いと思いますが、国際線では赤ちゃん連れの搭乗客のために、「バシネット」いわゆるベビーベットを取り付けることの出来る座席が存在します。

 

f:id:y-a_s-a:20200116003504p:plain
座席指定の図で見ると、バシネット取付可能の席の前には。壁のような絵があります。これが目印です。ただし、座席指定の場面では隣の席のようにバツが付いているので、ANAのコールセンターに電話をして、特別に手配して貰う必要があります。座席数が限られているので、早めに予約しないと受け付けてもらえない場合もあります。バシネットを使用したい場合は、早めに予約しましょう。

 

出来ることならば、バシネット取り付け可能な、最後方の座席を選択するといいと思います。後方には、

  • 大きなおむつ取替可能なトイレがある。
  • 赤ちゃんがぐずった時になどに便利な、多目的ルームがある。
  • 後方の座席がカウチシートで、子連れの家族が多い。

などの、子連れには有り難い空間になっています。特に多目的ルームは機内の最後方にしか無いので、座席を後ろの方に指定すればタイムロス無く駆け込むことが出来ます。

 

今から楽しみで仕方がない

このブログを書いているのが2020年の1月なので、出発までまだ3ヶ月ありますが、今から楽しみで仕方ありません。実際に搭乗したら搭乗記も書く予定です。今後も赤ちゃん連れハワイ結婚式関連の記事を書いていくので、同じような結婚式を考えている人たちの参考になればと思っています。この記事も、順次追記していきます。