Life style of tomato&nasubi

ナスビみたいな旦那とトマトみたいな嫁のブログです。

Life style of tomato&nasubi

爆発的にANAマイルを貯めたいならポイントサイトを使うしか道はない

f:id:y-a_s-a:20181202004404j:plain 

友達や知人に「マイルを貯めて旅行に行ってきたよ!」と話すと、ほぼすべての人が「マイルなんて旅行に行けるほど貯まらないよ」といいます。ましてや僕たち夫婦は20代前半なので「どこにそんなお金があるの?」とよく聞かれます。そんな大金は持っていません。

 

これから皆さんにお話する方法をリア友に話そうと思うと、とてつもない時間がかかるので「裏技があるんだよ、、、、」みたいな感じで言葉を濁しています。この記事には、このブログの根幹になる詳細がすべて記述されています。この記事なしにこのブログは成立しません。

 

20代夫婦がマイルを貯めてなぜそんなに贅沢な旅行ができるのか?」という疑問がすべて解決します。この方法は誰でも実践可能で、収入や社会的地位は全く関係ありません。しいて言うならば、知っているか知らないか、早く気付いたか気付かなかったかの違いしかありません。

 

僕たちが実践している裏技とは?

僕たちが実践している裏技とは、「ポイントサイトでANAマイルを貯めること」です。マイルがあれば、航空券代が無料になります。初めてこのフレーズを聞く方にとっては、「インチキじゃないのか?」と思うかもしれません。断言します。間違いなく「もっと早く知りたかった」と思ってもらうことができます。

 

ポイントサイトを使うとどれくらいのANAマイルが貯まると思いますか?年間約18万ANAマイルです。18万ANAマイルがあれば、

  1. 夫婦2人で毎年ビジネスクラスでハワイに行ける
  2. エコノミークラスなら夫婦2人で年2回ハワイに行ける
  3. 航空券にお金を使う必要がないため、別のところにお金を使える

 

夢のようなお話ですが、誰でも実践可能で、収入の高低も全く関係ありません。夫婦2人で実践すれば約36万ANAマイルが貯まります。

 

この「裏技」を実践するにあたって、無駄な費用は一切かかりません。学生でも、主婦でも、妊婦さんでもおばあちゃんでも、やり方さえマスターすれば誰にでも貯めることが出来るのです。

 

クレジットカードで日々の生活費を決済して、こつこつとANAマイルを貯めている方もたくさんいますよね。それはそれで賢いし、続けていくべきです。

 

ただ、「爆発的に貯める」にはポイントサイトの登録は避けて通ることが出来ません。クレジットカード決済とポイントサイトの登録の両方が揃って始めてマイルを貯める環境が整うのです。

 

ポイントサイトを駆使して年間18万ANAマイル

ポイントサイトに登録しないと何も始まりません。「ポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換する」からです。

 

f:id:y-a_s-a:20181203154545p:plain

 上の図が全てです。「ハピタス」というポイントサイトから「ドットマネー」と「Tポイント」を経由して「ANAマイル」に交換します。

 

500ANAマイル貯めようと思うと、約5万円使わないと貯めることができませんが、ポイントサイトを経由すれば無料でANAマイルを大量に貯めることができます。

 

なぜ年間18万ANAマイルなのか

年間18万ANAマイル」という上限があるのは、

  1. ハピタスで貯めたポイントは1ヶ月3万ポイントまでしか交換できない。(年間36万ポイント)
  2. TポイントからANAマイルの交換レートが2:1である。(2Tポイント=1ANAマイル)

つまりハピタスで月10万ポイント貯めても交換できるのは3万ポイントまで、TポイントからANAマイルに交換する場合のレートが悪い。というこの2つの事情によって、「年間18万ANAマイル」という数字が出てきます。

 

クレジットカード決済では限界がある

先程も記述したように、「クレジットカード決済でANAマイルを貯める」という方法は昔から誰でも実践してきた賢い方法です。しかしこの方法では、収入の壁を超えることができません。

 

会社経営者や大企業に努めている方でどんだけでもお金のある人ならまだしも、普通の一般会社員が年間18万ANAマイルを貯めようと思ったら、年間1,800万円の決済が必要になります。普通に考えて無理ですよね。

 

クレジットカード決済でANAマイルを貯めるという方法が、賢い選択肢であることに変わりはありませんが、実際それでANAマイルを使って旅行しようと思ったら、何年先になるかわかりません。賢い方法ではありますが、それだけではなかなか厳しいということは紛れもない事実です。

 

ANAマイルはポイントサイトで貯める」ということを頭に焼き付ける

18万ANAマイルをクレジットカードで貯めようと思った約1,800万円(1マイル=100円) 使わないといけないことは先ほど説明しました。普通に生活していたら何年かかるか分かりません。クレジットカードだけでこつこつ貯めるのは馬鹿らしいと思いませんか?

 

「ポイントサイトでANAマイルを貯める」方法を実践すれば簡単にANAマイルが貯まっていきます。知らない人、めんどくさがりな人、ポイントサイトを疑う人、インチキだと決めつける人だけが損をしています。何かの縁で当ブログを読んでくれたあなたはぜひ実践してくださいね。

 

その他準備が必要なこと

ここまで読んで「よし私達も18万ANAマイル貯めて家族で毎年ハワイに行こう!」と思っていただけた方、ありがとうございます。ポイントサイトには登録しましたか?使い方はまだ分からないと思うので下記の記事で徹底解説しています。僕が利用しているポイントサイトは「ハピタス」というポイントサイトです。

 

登録はバナーから、使い方は下記の記事を参考にしてくださいね。

 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 

ポイントサイトで貯めたANAマイルを使って、2019年1月に夫婦2人で宮古島マタニティ旅行をしてきました。ANAマイルがあったからこそできた体験がたくさんありました。ぜひ宮古島旅行記も読んでくださいね。

 

 

その他、登録必須なサイト、発行必須なクレジットカードがあるので手順を説明していきますね。

 

ドットマネーに登録する

ポイントの中継点として利用するために、ドットマネーに登録しましょう。YahooIDやFACEBOOKの登録情報が使えるため、簡単に登録できます。

 

 

ポイントサイト経由でヤフーカードを発行する

ハピタス経由でヤフーカードを発行しましょう。ドットマネーからTポイントに交換する枠を作っておくためです。年会費は永年無料です。もともとTカードだけを持っている方はIDやポイントの移行もしておくといいと思います。

 

ハピタス経由からヤフーカードを作れば、(12月3日時点)

 

f:id:y-a_s-a:20181203165219p:plain

もうこの時点で2,000ANAマイルは手に入ります。約20万使わないと手に入らないANAマイルが、ハピタスを使えばクレジットカードを発行するだけで手に入るのです。

ちなみに僕の場合だと今の時点で、

 

f:id:y-a_s-a:20181203172118p:plain

約6万Tポイント貯まっています。ANAマイルに換算すると3万マイルです。ハワイはまだ無理ですが、夫婦で沖縄ならもうすぐ行けますね。

 

ANAマイレージクラブに入会する

最後にANAマイレージクラブに入会します。登録方法は簡単なので誰でもできると思います。年会費などは一切かかりません。

 

もっと詳しいポイント交換の一連の流れは別の記事にしています。

 

 

まとめ

ポイントをまとめると、

  1. ハピタスを日常から使うことを徹底する。
  2. ANAマイルはハピタスを経由して貯める。

 

この2つを徹底させるだけで、爆発的にANAマイルを貯めることができます。

 

今からでも遅くはありません。年間18万ANAマイルは貯まらなくてもこつこつ続けていけば、海外旅行に無料で行けるくらいのANAマイルは必ず貯めることができます。自由に海外旅行が行けるだけのANAマイルを貯め、新婚旅行や家族旅行を最高のものにしてみませんか?誰にでも出来ます。やらない選択肢はありませんよね。

 

関連記事