Life style of tomato&nasubi

ナスビみたいな旦那とトマトみたいな嫁のブログです。

Life style of tomato&nasubi

マタニティ期間も折り返し!初診〜妊娠5ヶ月までの費用をまとめてみた

f:id:y-a_s-a:20181121143400j:plain

妻は妊娠5ヶ月に突入して、安定期に入っています。これまで何回か検診に通っていますが、特にトラブルもなく順調に進んでいます。

妻の妊娠が分かってから僕が一番気になったのは「お金のこと」です。一体どれくらいかかるのか、ものすごいお金がかかるんじゃないかと不安に思う日もありました。

今日は妊娠が分かってから妊娠5ヶ月妊婦健診までの費用をまとめていきたいと思います。

実際にかかった費用をまとめていきます

妊娠が分かったのは今年のお盆休み前でした。妻が「体が火照って暑い」とか「とにかくだるい」とか言っていたので、もしかしたらと思って妊娠検査薬を試しました。トータル3回試しました。

 

〈1回目〉

なんとなーく線が見えます。

f:id:y-a_s-a:20181121161424j:plain

 

〈2回目〉

線は見えるけど薄っすら。

f:id:y-a_s-a:20181121162319j:plain

 

〈3回目〉

くっきり。これは確定ですね。

f:id:y-a_s-a:20181121162427j:plain

 

母曰く、「妊娠したと思って病院に行ってしてない時は、ほんとに恥ずかしい」らしいので、これはもうほぼ間違いないと言えるまでは検査することにしていました。

8月17日(4w6d) 4,420円

妊娠検査薬を3回試してから、満を持して受診しました。正常な妊娠では医療保険が使えないので覚悟して受診しましたが、思ったより高額ではなく安心したのを覚えています。この健診で子宮内妊娠を確認しました。

もう一度言いますが、妊娠は病気ではないので医療保険が使えません。産院によって料金が違います。

 

9月1日(7w0d) 3,100円

前回の健診が終わった後、てっきり母子手帳を貰えるものだと思っていましたが、「まだ子宮内妊娠が確認できただけ」とのことでもらえず。

2回目の健診では内診で赤ちゃんの状態を確認し、順調ですと言われました。

 

9月15日(9w0d) 3,900円

3回目の健診。前回とほぼ変わりません。健診終了後にマザークラスのテキストを購入して、「妊娠届を提出してきてくださいね」と言われる。

ここでやっと妊娠が確定して妊娠届を提出しにいきます。受理されると母子手帳が交付されます。いわゆる「補助券」はこの時ゲットします。

 

9月29日(11w0d) 2,390円

4回目の健診。やっと補助券が使えると思ったら、「妊婦健診は次回からです」と言われる。今回も内診して終了。

赤ちゃんは最初の豆粒の大きさからとっても大きくなりました。ちなみにこの時、妻のつわりはピークで病院でも吐いていました。診察後、風疹の抗体検査などのために血液検査をします。

 

10月20日(14w0d) 1,600円 妊婦健診①

妊婦健診といわれるのは今回の検診からです。てっきり、初診から妊婦健診だと思っていました。やっと補助券が使えます。診察前にセルフで、尿検査・体重計測・血圧測定をして受付に提出します。

前回までは内診で赤ちゃんの様子を確認していましたが、今回から腹部エコーで赤ちゃんをチェックします。妻の通っている病院ではエコーの様子をUSBに保存してくれるサービスもあります。

診察後、前回の血液検査の結果が届き、なんと妻の風疹の抗体が無いことが判明。びっくりしました。妊娠を望む女性の方で、抗体を保有していない方は早めに予防接種を受けてください。妊娠してからでは受けることができません。

 

11月17日(18w0d) 無料 妊婦健診②

前回と健診内容は変わらず。1ヶ月ぶりに赤ちゃんに会いました。1ヶ月でとても大きくなっていました。今回の健診から赤ちゃんの体重を測ることができます。

今回から3Dエコーも見ることができます。人間らしくなってきましたが、顔は見せてくれませんでした。次回の健診までお預けです。

 

初診〜妊娠5ヶ月までの費用合計

妊娠5ヶ月までの費用合計を表にまとめてみました。単純に健診費用だけをまとめています。

初診〜妊娠5ヶ月までの費用
日にち 週数 料金 備考
8月17日
4w6d
4,420円
 
9月1日
7w0d
3,100円
 
9月15日
9w0d
3,900円
 
9月29日
11w0d
2,390円
 
10月20日
14w0d
1,600円
妊婦健診①
11月17日
18w0d
0円
 妊婦健診②
合計  
15,410円
 

 

感想としては、ここまでのところ思ったより負担が少ないといった感じです。病院によって値段も違うし、自治体の補助も違うので一概にとは言えませんが、参考にしてみてはいかがでしょうか。

これからは健診頻度も増えるし、お金もかかってきます。夫婦で日頃からしっかり相談してやりくりしていきたいと思います。

 

関連記事