Life style of tomato&nasubi

ナスビみたいな旦那とトマトみたいな嫁のブログです。

Life style of tomato&nasubi

【マタ旅in宮古島まとめ】結局いくらかかったの?今回の宮古島旅行の費用をささっとまとめてみる

2019年1月16日〜1月18日の間、妊娠7ヶ月のトマトを連れて宮古島に旅行してきました。旅行記①〜⑧にだいたいのことは書いてきましたが、この旅行で結局いくら使ったのかはまとめていなかったので、備忘録もかねてまとめていこうと思います。

 

前提として

  • 夫婦2人で旅行しています。
  • 価格は変動するのでご承知ください。(1月の宮古島は閑散期です)

 

旅行記を最初から読みたい方はこちらからどうぞ!

 

 航空券&ホテル

航空会社:ANA

座席クラス:エコノミークラス

料金:無料

 

今回の宮古島旅行では、ポイントサイトで貯めたANAマイルで特典航空券を発券したため、全くお金はかかっていません。 

 

 

f:id:y-a_s-a:20190109005255p:plain

本来の値段で往復しようと思ったら、運賃の種類にもよりますが、20万円以上の値段がかかります。これが無料になるのは大きいですね。この分を他のアクティビティや飲食のお金に回すことができます。

 

ANAマイルを使って夫婦で宮古島に行くためには、28,000マイル(時期によって変動)が必要です。今回の旅行では、1ANAマイルあたり7.4円の価値で使うことができました。

 

 

ホテル:シギラベイサイドスイートアラマンダ

泊数:2泊3日

予約サイト:Agoda

料金:65,846円

 

f:id:y-a_s-a:20190117215221j:plain

急遽決まった旅行&閑散期ということが重なって、直前割みたいな感じで、正規料金のほぼ半額で宿泊することができました。滅多にこの値段で泊まることはできませんが、たまたま運が良かったです。

 

航空券&ホテル費用は合計で65,846円でした。航空券が無料なのはとても大きいです。

 

 

レンタカー関連費

レンタカー会社:レンタリース宮古島 宮古空港営業所

利用日数:3日間

車種:SWIFT

料金:3,240円(免責込み)

 

f:id:y-a_s-a:20190119094346j:plain

料金がとても安く、免責込みだったのでとても良かったです。運転もしやすく、文句なしでした。次回、宮古島に行ったらまた使おうと思います。

 

レンタカーは返却時に満タンにして返すので、その時の値段もかかってきます。

 

利用駐車場①:ちょいおきパーキング下里

利用時間:11時06分〜11時18分(12分間)

料金:100円

 

利用駐車場②:西里パーキング3

利用時間:17時55分〜19時08分(1時間13分)

料金:500円

 

会社:ENEOS

給油量:レギュラー 13.10L×154円

料金:2,178円

 

レンタカー関連費は合計で6,018円でした。めちゃくちゃ安く済みました。車のランクアップをしたりすると余計にお金がかかってきます。

 

 

食費

1日目昼食

場所:琉球の風 屋台村

料金:1,800円

 

1日目夕食

場所:HORIZON

料金:27,770円

 

2日目昼食

場所:DOUG'S BURGER

料金:2,667円

 

2日目おやつ

場所:AOZORA PARLOR

料金:1,300円

 

2日目夕食

場所:琉球王国さんご家

料金:4,753円

 

3日目昼食

場所:イタリア人のカフェ ベルデマーレ

料金:3,240円

 

f:id:y-a_s-a:20190121173649j:plain

写真はこの旅で一番高かった鉄板焼きです。こんなのは食べたこと無いと思うくらい美味しかったです。次食べることができるのはいつになるかな。滞在時の朝食は、宿泊料金に含まれているので発生していません。

 

食費は合計で41,460円でした。けっこうかかったのか、かかってないのか分かりません。でも全て美味しかったです。

 

 

アクティビティ関連費

体験場所:宮古島市体験陶芸村

料金:7,680円(送料込み)

 

f:id:y-a_s-a:20190120160344j:plain

粘土をこねてシーサーを作る体験です。完成後、焼いて自宅まで送ってもらうので、送料も掛かっています。体験自体の値段は3,000円と消費税です。

 

体験場所:シギラ黄金温泉

料金:2,700円

 

f:id:y-a_s-a:20190120014037j:plain

期待して行ったシギラ黄金温泉ですが、正直期待はずれでした。笑

 

アクティビティ関連費は合計で10,380円でした。シーサーに関しては値段の割に充実した体験ができたと感じています。

 

おみやげ関連費

購入場所:琉球の風ショップ

買ったもの:ちんすこう、キーホルダーなど

料金:4,622円

 

購入場所:DESIGN MATCH

買ったもの:「Baby in car」のステッカー

料金:950円

 

購入場所:メイクマン宮古

買ったもの:ガジュマルの木

料金:3,476円

 

購入場所:不明

買ったもの:職場へのお土産

料金:648円

 

購入場所:富浜さんご店

買ったもの:宮古島の民芸品

料金:2,138円

 

購入場所:みやこ屋

買ったもの:ハブ酒

料金:2,036円

 

購入場所:NAMIMA

買ったもの:Tシャツと雑貨

料金:7,927円

 

購入場所:HAKONIWA

買ったもの:メッセージボトル×2

料金:2,720円

 

f:id:y-a_s-a:20190120174931j:plain

f:id:y-a_s-a:20190120181301j:plain

買おうと思えばもっと買えたのですが、きりがないので程々にしておきました。旅の思い出としてお土産は必要ですね。

 

おみやげ関連費の合計は24,517円でした。このお土産に関する費用は人によってかなり差が出るところですね。

 

 

その他の費用

購入場所:名鉄岐阜駅

買ったもの:名鉄岐阜中部国際空港間の乗車券×2

料金:2,680円

 

購入場所:セントレアスカイタウン

買ったもの:消耗品を購入(のり・お茶・ノートなど)

料金:660円

 

購入場所:ANA機内(往路)

買ったもの:ハーゲンダッツ

料金:300円

 

購入場所:シギラ黄金温泉

買ったもの:宮古島サイダー×2

料金:500円

 

購入場所:中部国際空港駅 

買ったもの:中部国際空港名鉄岐阜間の乗車券(ミュースカイ)×2

料金:3,400円

 

その他の費用は合計で7,540円でした。疲れていたので、帰りの電車はミュースカイにして快適さを重視しました。妊婦なので無理をしないことも大切です。

 

 

宮古島旅行費用まとめ

すべてを合わせると、今回の宮古島旅行で使ったお金は155,761円です。もしANAマイルが足りなくて自腹で航空券を発券していたら、40万弱の費用がかかっていました。恐ろしいと同時にANAマイルさまさまです。

 

今回の宮古島旅行では、現金をほぼ使うことはありませんせした。クレジットカード決済が可能なところでは全てクレジットカードを使っていたので、約9割がクレジットカードでの決済です。

 

以外にといっては失礼ですが、ほとんどの施設やレストランでクレジットカード決済が可能でした。ただ、「3,000円以上購入した場合のみ利用可能」とか条件付きで利用可能な店もあります。ここでもクレジットカード決済してANAマイルの獲得に繋げていきます。

 

費用のまとめ方のおすすめ

僕たちは旅行に行くたびに、その旅先でノートとのりを購入してレシートをそのノートに貼り付けていって、費用の管理をしています。旅行費用の管理は何かと大切ですよ。旅行は特別だからといって見えない出費を重ねていると、癖になって案外お金は貯まりません。

 

f:id:y-a_s-a:20190127224003j:plain

こんな感じで、ただただレシートを貼り付けていくだけですが、そばにコメントを書いていくと、当時の思い出がよみがえって幸せな気分になります。

 

レシートを管理していくのはなかなか難しいことなので、管理するのが苦手な方はこの方法だとぐちゃぐちゃにならないし、思い出にもなるのでおすすめです。

 

まとめ

今回の旅行で分かったことは、「あぁ、やっぱりマイルって最強だな」ということです。旅行自体、本当に楽しくて素敵な体験でしたが、そもそもANAマイルが無かったらこの旅行は実現すらしていません。

 

ANAマイルがあったからこそ「これから子供が生まれて大変だ」という時に、宮古島に旅行することができたし、そんなにお金もかけること無く、旅行ができたと思っています。

 

これからもコツコツとクレジットカード決済で貯め、さらにポイントサイトを使って爆発的に貯めて、トマトとこれから生まれてくる息子にいい経験をさせてあげれるように、パパは奮起しようと思います。