Life style of tomato&nasubi

ナスビみたいな旦那とトマトみたいな嫁のブログです。

Life style of tomato&nasubi

楽天プレミアムカードが到着したのでプライオリティパスを発行してみる

f:id:y-a_s-a:20190211142702j:plain
楽天が2018年の年末に開催したキャンペーンで応募した、楽天プレミアムカードがやっとやっと到着しました。めちゃくちゃお得なキャンペーンで年会費が無料(通常、年10,800円)になります。

 

僕はたまたまネットを見ていた時に見つけましたが、楽天が想定した以上の応募があったとみられ、キャンペーンへ繋がるURLが1日で行方不明になるなど、なかなか伝説的なキャンペーンです。

 

 

楽天ゴールドカードからの切り替えを依頼したのが2018年12月20日で、楽天プレミアムカードが手元に届いたのが2019年2月9日だったので、1ヶ月半時間がかかったことになります。それほど大盛況で楽天側も混乱したキャンペーンだったんでしょうね。

 

今回の記事では、楽天プレミアムカードに無料で付帯する「プライオリティパス」の発行の仕方についてまとめていこうと思います。

プライオリティパスのおさらい

このキャンペーンがなぜここまでの盛り上がりをみせたかと言えば、やはり「無料でプライオリティパスが付帯する」ということだと思います。楽天プレミアムカードの年会費が無料なので、プライオリティパスの発行も完全無料でできることと同じです。

 

まずプライオリティパスのおさらいをします。このプライオリティパスを持っていると、「全世界のラウンジを回数の制限なく、無料で使うことができる」というサービスを受けることができます。このサービスは本会員のみ有効で、家族会員には付帯しません。

 

海外旅行の時、数時間にも及ぶ長いトランジットを誰しも経験したことがあると思います。そんな時にこのプライオリティパスがあれば、ラウンジで食事をしてお酒を楽しみ、時にはシャワーで身体を洗い流してスッキリしたりと、トランジットも楽しいと思える時間に変わります。

 

f:id:y-a_s-a:20190210225515p:plain

通常ならめちゃくちゃ高額な年会費を払わないと使うことのできないサービスが、完全無料で付帯します。楽天プレミアムカードからプライオリティパスを発行した場合、同伴者には3,240円の料金が発生しますが、年会費のことを思えば可愛いもんです。

 

前まではMUFGプラチナのプライオリティパスを持っていましたが、カードを解約したためプライオリティパスも失効していました。こちらの場合は家族カードにもプライオリティパスが付帯します。クレジットカードによって条件が違うことも頭に入れておきましょう。

 

 

夫婦でプライオリティパスを保有したい場合は、夫婦共に楽天プレミアムカードを保有するか、上記のMUFGプラチナのように家族会員にもプライオリティパスが付帯するクレジットカードを持つ必要があります。

 

プライオリティパス申し込み

実際に画像つきで楽天プレミアムカードに付帯しているプライオリティパスの申し込みを行ってみます。

 

f:id:y-a_s-a:20190211160549p:plain

トップ」というところを選択して、画面が切り替わったら「プライオリティパス」というところを選択します。楽天一般カードや楽天ゴールドカードからアップグレードした人は、「カードの追加登録」を行ってから、楽天プレミアムカード」を選択した後、プライオリティパスの登録を行ってください。

 

f:id:y-a_s-a:20190211021645p:plain

ついさっき説明したばかりですが、無料付帯するのは本会員のみで家族会員には付帯しません。また、同伴者や子供が入室する際にも税込みで3,240円の料金がかかってきます。このことは頭に入れておきましょう。

 

f:id:y-a_s-a:20190211022034p:plain

下にスクロールしていって、「プライオリティパスの送付先」と「お申込みの理由」をそれぞれ選択してください。ここは簡単なので説明はいらないと思います。選択し終えたら「確認画面へ」を押して次の画面に進みます。

 

f:id:y-a_s-a:20190211022404p:plain

この画面で最終確認をします。間違っているところがあったら「戻る」を押して選択し直してください。問題なければ「申し込む」を押してすべて完了です。これですべて終了です。めちゃくちゃ簡単ですよね。

 

カードラウンジも使える

ちなみに楽天プレミアムカードを保有していれば、クレジットカード会社が運営している国内空港のカードラウンジも使うことができます。カードラウンジに関しては、楽天ゴールドカードでも入室することができます。

 

プライオリティパスが活躍するのは、海外旅行の場合が多いので、国内旅行の場合はカードラウンジを使うことが多いです。確かにプライオリティパスで使えるラウンジよりもグレードとしては劣りますが、ビール飲み放題のラウンジもあるなど、なかなか侮れないカードラウンジも多くあります。

 

 

2019年1月にトマトとマタ旅をした時は、中部国際空港セントレアのカードラウンジを利用しました。人気で混雑していましたが、一息休憩できるなかなかいい時間を体験できるので、立ち寄ってみるといいと思います。ラウンジで休憩する時間も旅行のいい思い出になりますよ。

 

まとめ

今回のキャンペーンで楽天プレミアムカードに応募できた人は本当にラッキーだったと思います。完全無料でプライオリティパスが付帯してくるのは、期間限定とは言え、楽天プレミアムカードくらいしか無いのではないでしょうか?

 

僕たちは息子が生まれてくるので、なかなか海外旅行には行けないと思いますが、機会があればぜひ利用してみようと思います。また、プライオリティパスは有効期限が切れるごとに自分で再申請する必要があるので、うっかりして忘れないようにしましょう。プライオリティパスで空港の待ち時間も思い出になる時間になると思いますよ。

 

関連記事