Life style of tomato&nasubi

ナスビみたいな旦那とトマトみたいな嫁のブログです。

Life style of tomato&nasubi

【出産準備】陣痛バックと入院バックの持ち物をおさらいします

f:id:y-a_s-a:20190329154612j:plain
いよいよ生産期に入りました。いつ生まれてきてくれても大丈夫ですが、欲を言えば4月2日まではお腹の中にいて欲しいです。毎日毎日「いつ来るか」と気が張っています。笑

 

いつ陣痛がきて入院になってもいいように、トマトが陣痛バックと入院バックを作りました。今日はその中身をまとめていきたいと思います。僕たちの準備は少し遅めなのでもう少し早めに準備したほうがいいと思います。

 陣痛バック

陣痛バックは陣痛が来た時に使います。旦那さんは何が必要か、正直分からないと思うので、妊婦さんに任せましょう。「あれとって、これとって」というようにパシリを頑張りましょう。

 

f:id:y-a_s-a:20190329152445j:plain

陣痛バックに入っているものは、

  • 母子手帳
  • 財布(保険証、クレジットカード)
  • ナプキン
  • ハンドタオル
  • ストローキャップ
  • ミンティア(気を紛らわす用)
  • リップクリーム、コンタクトケース
  • テニスボール
  • GoPro

少し少なめですが、産院が準備してくれているものがけっこう多いのでこんな感じです。何を準備してくれるかは、産院のホームページに書いてあると思うので要チェックですね。

 

入院バック

いざ入院となったら使います。でもこれってイメージとしては、陣痛が来て病院に行く時に一緒に持っていくと思うんですけどどうなんですかね?基本的に陣痛→即入院みたいな感じだと思うのですが。

 

f:id:y-a_s-a:20190329155637j:plain

入院バックに入っているものは、

  • パジャマ(3枚)
  • 産院の教科書
  • 育児ダイアリー
  • ティッシュ
  • パック
  • ナプキン
  • 歯ブラシ
  • 産褥ショーツ、授乳ブラ
  • 太いペン
  • 付録でついてきたプレート

一応しっかり準備したつもりですが、なにかここに無いものが必要になるときがあるかもしれません。産院から自宅まで5分かからないし、時間に余裕がある仕事なのでその都度取りに行こうと思います。

 

インスタで先輩ママさんに聞いてみる

トマトはマタニティアカウントを使っているので、陣痛バック&入院バックの中身を投稿してみました。そうすると先輩ママさんたちから頼もしいアドバイスが返ってきました。

 

f:id:y-a_s-a:20190329161622p:plain

f:id:y-a_s-a:20190329161750p:plain

f:id:y-a_s-a:20190329162014p:plain

こんな感じで、先輩ママさんたちから実体験をもとにして、「あれが良かったよ」「これ必須だよ」と教えて頂けました。本当にありがとうございます。イメージには限度があるので、こうやって教えてもらえるとイメージもしやすくなります。

 

先輩ママさんたちによると、産後は足がむくむので「メディキュット」などの着圧ソックスと、緊急的に栄養を補給する「ウィダー」などは必須だと皆さん言っていました。ここは助言に従ってしっかりと用意しようと思います。

 

まとめ

ちょっと遅すぎるくらいですが、やっと出産準備が完了しました。もういつ生まれてきてくれても大上手です。陣痛がきてあたふたしないように、頭の中でしっかりとシュミレーションをしておこうと思います。

 

旦那さんも仕事で大変だと思いますが、2人の出産なので、自分の出来そうなことだけ手伝ってあげるといいと思います。そうすると奥さんも喜ぶし、出産に対する不安も軽減されると思います。

 

関連記事